サイト内検索

Beyondキャンペーン
病院の〈知識〉を生活者の〈知恵〉へ
  • 心臓弁膜症
  • 循環器

身体に負担の少ないカテーテルで治せる心臓弁膜症「僧帽弁閉鎖不全症」。

心雑音があれば、心臓弁膜症の疑い。

心臓弁膜症の診断は、問診や聴診から。とくに心臓の音を聞いて、心雑音があれば、心臓弁膜症の疑いがあります。心雑音が見つかったら、循環器内科のある病院で、心エコーの検査を受けます。これは、超音波を利用した心臓の画像検査で、どの弁にどんな異常が起きているかを詳しく調べることができます。

岐阜総合医療センターでは、専門外来「弁膜症外来」を開設し、心エコー検査などをもとに正しく診断し、適切な治療方法を提案しています。

高齢者に増えている「僧帽弁閉鎖不全症」や「大動脈弁狭窄症」。

心臓弁膜症の多くは、全身に血液を送り出す左心室・左心房の大動脈弁と僧帽弁に起こります。なかでも最近は、加齢や動脈硬化に伴って起こる「僧帽弁閉鎖不全症」や「大動脈弁狭窄症」が増えています。

僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁がうまく閉じなくなり、血液が左心室から左心房に逆流してしまう病気。一方の大動脈弁狭窄症は、全身に血液を送り出す大動脈弁がうまく開かなくなる病気です。

どちらも社会の高齢化に伴い、増えている、代表的な心臓弁膜症です。

軽症のうちは経過観察、重症になったら治療を選択。

僧帽弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症と診断がついたら、治療法を検討します。

まだ症状が軽いうちは、薬で症状を緩和し、経過を観察していきます。ただし、重症以上に進行した場合は、心臓の弁を修復することが必要になります。従来は、人工心肺を用いて心臓を一時的に止めて行う外科的手術が一般的でした。しかし、この手術は体への負担が大きいため、心臓の働きが低下した高齢者や、他の臓器に合併症がある患者にはすすめられないこともあります。

そうした患者に行う治療法として、カテーテル治療が注目されています。

カテーテルを用いた「経皮的僧帽弁接合不全修復術」。

ここでは、僧帽弁閉鎖不全症に対するカテーテル治療「経皮的僧帽弁接合不全修復術」について紹介します。
 
これは、足の付け根の血管から心臓内へカテーテルを挿入し、クリップ(約15㎜大)を運び、適切に閉じない僧帽弁をクリップでつまむことで、逆流を制御するという治療です。2018年に保険適用され、岐阜総合医療センターでは2019年5月より実施しています。

この治療では、カテーテルが体に入っている時間は約1〜2時間、麻酔も含めると約3〜4時間で治療が完了します。また、治療が終わった数時間後には水を飲むことができるようになり、翌日には病棟内を歩行できるようになります。回復が早く、短い入院期間でスムーズに退院していただくことができます。

岐阜総合医療センターでは、多職種のスタッフから成るハートチームにより、多くの治療実績を重ねています。高齢だからとあきらめる必要はありません。体への負担を軽減しながら治療することで、その後の人生を安心して楽しんでいただけます。


参考文献・出典
心臓弁膜症サイト

画像提供:PIXTA