サイト内検索

Beyondキャンペーン
病院の〈知識〉を生活者の〈知恵〉へ
  • 心臓弁膜症
  • 循環器

シニア・高齢者に多い心臓弁膜症。

階段を上ったり、運動したりするときに、動悸や息切れを感じることはありませんか。もしかして、それは「年のせい」ではなく、心臓弁膜症のサインかもしれません。

心臓の弁の仕組み。

心臓の中には4つの部屋があり、体中に血液を循環させています。全身に酸素を届けた後の血液は「右心房」から「右心室」へ戻り、肺動脈から肺に送られます。肺で酸素を受け取った血液は「左心房」から「左心室」へ送られ、大動脈を通って全身に送られます。

この血液の流れを一方向に維持するために、右心室と左心室の入り口と出口にはそれぞれ「弁」があります。右心室の入り口の弁が「三尖弁」、右心室の出口の弁が「肺動脈弁」です。そして、左心室の入り口にあるのが「僧帽弁」、左心室の出口にあるのが「大動脈弁」です。これらの弁が心臓の収縮と拡張に合わせて交互に開閉することで、血液は逆流することなく流れているのです。

心臓弁膜症の原因と、2つのタイプ。

心臓にある4つの弁のいずれかに障害が起き、本来の役割を果たせなくなる病気が「心臓弁膜症」です。

心臓弁膜症の原因には、先天性と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、変性など)があります。かつては、リウマチ熱の後遺症として心臓弁膜症になることが多かったのですが、近年では、加齢に伴う弁の変性や石灰化による心臓弁膜症が、高齢化の進行とともに増えています。

心臓弁膜症には大まかに2つのタイプがあります。弁の開きが悪くなって血液の流れが妨げられる状態が「狭窄」。弁の閉じ方が不完全なために、血流が逆流してしまう状態が「閉鎖不全」です。

コロナ禍で見落とされがちな心臓弁膜症の症状。

心臓弁膜症の主な症状は、「息切れがする」「胸が痛い」「ドキドキする」などですが、高齢者の場合、「年のせいだろう」と考え、病気を見落としがちです。

とくに昨今は、新型コロナウイルス感染症が広がったことから、外出を控える人が増えています。その結果、日常生活の活動性が低下し、心臓弁膜症があっても、体の異変を自覚しにくくなっている恐れもあります。

こんな症状があれば、かかりつけ医に相談を。

心臓弁膜症のサインに気づくには、まず日常生活の活動性を上げることが必要です。体操やウォーキング、買い物など、毎日、こまめに動くようにして、息切れや動悸がないか、自分でチェックするようにしましょう。

下に、症状のチェックリストをあげました。動いたときの「息切れ」「疲れやすくなった」という症状が加齢による避けがたいものか、心臓病によるものかの判断は専門の医師でないと判断が難しいですので、あてはまる項目が一つでもあれば、早めにかかりつけ医にその症状を詳しく伝え、循環器内科のある病院で検査を受けることをおすすめします。

 <症状チェックリスト>
□散歩の途中で立ち止まるようになった
□外出するのが以前より億劫(おっくう)になった
□トイレに行くだけで、胸がドキドキすることがある
□風呂掃除や、洗濯物を干すときに息切れがする
□階段を上るだけで、息切れが長引くことがある
□坂道や階段のある場所を避けてしまう
□早足で歩くと、胸が痛むことがある
□突然、気を失ってしまうことがある
□以前できていた日常生活、レクリエーション、畑仕事などができなくなった
□同年代の友人やパートナーよりも同じ動きをしたときに息切れや疲れがでやすい
(心臓弁膜症サイトより)


参考文献・出典
心臓弁膜症サイト

画像提供:PIXTA