サイト内検索

Beyondキャンペーン
病院の〈知識〉を生活者の〈知恵〉へ
  • 不整脈
  • 循環器

心臓の異変「心房細動」を見逃さないで。

心臓は血液を送り出すポンプ。

心臓は、全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。心臓の中には4つの部屋があり、上側の二つ(左心房、右心房)、下側の二つ(左心室、右心室)がリズミカルに拍動を繰り返しています。そのリズムは、心臓内で作り出される電気信号でコントロールされていますが、電気信号が乱れ、心臓の拍動リズムが不規則になる状態を不整脈といいます。

不整脈には、大きくわけて脈が速くなる不整脈(頻脈性不整脈)と、脈が遅くなる不整脈(徐脈性不整脈)があります。心房細動は、脈が速くなる頻脈性不整脈の一つ。心房で生じた異常な電気信号により、心房が痙攣したように小刻みに震え、心臓から血液を正しく送り出すことができなくなります。

「心房細動」はなぜ注意が必要?

不整脈には、心室細動など突然死に至るものもありますが、心房細動はそのような危険な不整脈ではありません。しかし、心房細動が怖いのは、脳の血管を詰まらせる脳梗塞を引き起こすリスクがあるからです。

心房細動が起こると、心房内から血液がうまく送り出されなくなり、血液の流れが滞り、血栓(血の塊)ができやすくなります。その血栓が血流にのって脳まで運ばれ、脳の血管を詰まらせます。また、心房細動を原因とする脳梗塞は、重症化しやすく、命が助かったとしても、麻痺や言語障害などの重い後遺症を残す可能性があります。心房細動と診断されたら放置せず、治療することが必要です。

「心房細動」の原因や症状は?

心房細動が起こる原因は、さまざまです。健康な人でも起こりますが、高血圧や糖尿病、心筋梗塞・弁膜症などの心臓疾患や慢性の肺疾患をもっている人、飲酒や喫煙の習慣のある人は要注意といわれています。また、心房細動は加齢によって発症リスクが増加します。高齢社会の進展に伴い、心房細動になる人はこれからさらに増加すると考えられています。
 
心房細動の症状には、脈の乱れ、胸の痛み・苦しさ、動悸、息苦しさ、運動時の疲労感、めまいなどがあります。しかし、その症状に慣れてしまったり、自覚症状がない場合もあります。患者さんのなかには、脳梗塞になった後で実は心房細動だったと診断される人もいます。

「心房細動」に早く気づくためには?

自覚症状のない心房細動に気づくために、脈拍を測る習慣をつけるといいでしょう。朝起きたとき、夜寝る前などに、自分の指で手首を押さえて測ります。

<脈の測り方>
①手のひらを上向きにします。
② 手首を少し上げて、手首のしわを確認しましょう。
③ そのしわの位置に、もう片方の手の薬指の先がくるように、薬指、中指、人差し指の3本の指を当てましょう。このとき、少し指先を立てると脈がわかりやすくなります。
④ 15秒くらい脈拍に触れて、間隔が規則的かどうかを確かめましょう。
⑤ 不規則かなと思ったら、さらに1~2分程度続けましょう。それでも不規則であれば、心房細動の可能性があります。
(参考:心房細動週間)

上記の手順で脈を調べておかしいなと思ったら、早めに近隣のかかりつけ医を受診することをおすすめします。

                         
参考文献・出典
不整脈ドットコム
心房細動週間
心房細動ドットコム

画像提供:PIXTA